少し認知症の疑いがあっても遺言は可能か

家族の介護や老後のお世話をしている方から、よくご相談をいただきます。

「私に相続させたい、と言ってくれているのですが、最近、物忘れが増えてきたように感じます。このまま認知症になってしまったら、遺言書も残せなくなったり、書いても無効になってしまうのでしょうか?

実際に遺言をしても、遺言時の意思能力の有無が、裁判で争われることも少なくありません。

そこでこのような場合には、症状が進行して意思能力を喪失する前に、公正証書遺言を作成しておくことをお勧めします。

遺言者の状態に応じて、簡易評価スケールを用いたり、医師の診断書を提出するなど、慎重を期する必要があります。

「自分でも、最近、物忘れが増えてきたように感じる。両親は既に他会していて子供はいないが、兄弟はいる。全財産を、私を支えてくれた妻(夫)に残したい。その妻(夫)が、相続手続きで困らないように、前もって備えておきたい。」

このような相談も増えています。ご心配な点は、遠慮なくご相談ください。

お問い合わせは、お気軽に初回無料相談04ー2936-8648 まで>

行政書士には守秘義務があります (行政書士法 第12条)

安心してご相談くださいね。